×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



-------------------------------------------------------------------

万座といえばやはり、真っ白な硫黄の温泉が一番に浮かんできます。
硫黄泉の中では日本一濃度が高いということ。
私のあこがれの万座初体験は、ここ、万座プリンスホテルとなりました。

温泉名 万座温泉
泉質 硫黄泉
お風呂の数 内湯2・露天風呂4・混浴露天1
区分 宿泊&(日帰り)
住所 群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
TEL 0279-97-1111

万座温泉は標高2000メートルの高地にあります。私はGWに行ったのですがめちゃめちゃ寒かったです。雪こそ降っていないものの、周りは未だに雪が残っていました。スキーもまだまだできるみたいで、スキー客もけっこういました。


■万座プリンスホテル外観

さすがに日本一の濃度を誇る硫黄泉なだけに、館内は硫黄の香りに包まれていました。
建物は本館と新館に分かれています。私は旅行会社のお得なプラン(一泊二食12000円)で行ったので本館でした。部屋はまぁこんなもんだろうって感じ。プリンス系ホテルはどこも一緒ですね、設備自体は古くけっこう年季は入っているので、決して綺麗じゃないですが一応掃除も行き届いています。
新館の部屋をちょっと覗いたらやっぱり本館とは違い部屋も明るく綺麗そうでした。

食事は和食、中華、洋食の3種類から好きなものを選べます。自分の行きたいお店に食事券を持って行けばオッケー。通常料金だとコースは大体5000円前後とのこと。ちょっと高めですね。
私は洋食を選びました。洋食はフルコースで、グラスワイン、サラダ、パン、肉料理、魚料理、デザート、紅茶がつきます。はっきり言って期待はしていなかったのですが意外に美味しく、ボリューム満点だし、満足できる内容でした。
朝食はバイキング形式。会場はかなり広かったです。、メニューも和食、洋食とありました。中でも目をひいたのは、胚芽入りのホットケーキ。これは目の前で焼いてくれるので焼きたてのアツアツを食べることができます。
食事内容は料金にしてはいい方じゃないかと思います。

■新館にある内湯

そして万座といえば温泉!!
お風呂は本当に素晴らしいものでした。
お湯の質は言うまでもありません。とにかく硫黄の香りが強く、なんだかバターっぽい香りもしました。お風呂は3ヶ所あります。新館の方に内湯が男女一つずつ、本館には内湯が男女1つずつと露天風呂が2つ、女性専用露天風呂が一つ、それと混浴の露天風呂が一つです。
内湯は白濁ですがやや透明な感じ。湯の花が大量に舞っています。洗い場の設備も整っていて、特に女性専用露天の「しゃくなげの湯」の洗い場は一つ一つが仕切られているものでした。
露天風呂は濃い乳白色。露天風呂からの眺めは素晴らしかったです。あれだけの豪快な眺めはなかなかないですね。前にさえぎるものが全くなく、まだ雪をかぶった山々を見渡しながらのんびり入ることができました。

宿泊料金も安いうえに、お風呂も素晴らしいし、とても気に入りました。
スキー場が目の前にあるので、冬にはウィンタースポーツと温泉を両方楽しむのにもってこいの宿だと思います。